ローカル環境でWordPress。パーミッションでテーマが編集不可だって!?

Sun 17 January 2016
20160117

Photo:WordPressグッズ By:takamorry


Photo:WordPressグッズ By takamorry

どうも 寒風素振り らいぱちです。

WordPressを使ってみようと画策中です。 なんとかかんとかローカル環境にWordPressをインストールしました。 早速、テーマをカスタマイズしてみようかと思ったら、、、

160117-0004wordpress_title.png

「変更を保存するには事前にこのファイルを書き込み可能にする必要があります」

あれ?ネット上でWordPressをいじっていた時には、こんなの出ずにテーマの編集ができていたのに、、、

これは、一体なんだろう?

スポンサード リンク

詳しい情報はCodexを参照してください。

注意文言はさらに続いていて、 「詳しい情報はCodexを参照してください」とありました。

なので、参照してみたものの、、、

これがまた、全然よくわからない。 知識不足で申し訳ないんですけど、内容がよく理解できず、 なんとなくわかったのは、パーミッションと呼ばれるものを 書き込み可能な状態に変更しないといけない、ということです。

パーミッションを変更しよう

ファイルとかディレクトリにはそれぞれ パーミッション という属性が必ずついているようです(UNIXでは)。

この属性とは

  • 読む
  • 書く
  • 実行する

という操作の 権利があるか、ないか を指すようです。

ということはどうやら、 ローカル環境にあるWordPressファイルは書き込みが禁止された状態のファイル属性になっている ということのようです。

そのファイル属性を変更して、 書き込み可能な状態にしてやる必要がありそうです。

サーバー上のパーミッションは変更できたけど。

Codexにあったやりかただと、 対応できるのは、サーバー上にあるWordPressのパーミッションの変更でした。

FTPソフトを使って、サーバー上にあるWordPressファイルにアクセス。 CTRL+クリックで「パーミッション変更」や「ファイルの属性」なんていう選択肢が出てくるので、選択後希望のパーミッションを選べばよい、というものでした。

FileZileを使ってやってみましたが、これはすぐにできましたね。

でも、今回はサーバー上にあるWordPressが変更できてもしょうがないんです。

ターミナルなんてわからんっ

解決策を検索して出てきたのは、 ターミナルを使ってのパーミッション変更

しかし残念ながら、ターミナルの使い方がよくわからない。

他に方法ないかなと、思ってちょいちょいいじってるうちに 「読み書き可能な状態にする」ってどこかで見たことあるような、、、、 そうだ「情報を見る」だ、と。

「情報を見る」

「情報を見る」からファイル情報のウィンドウを開いてみました。

ありますね、下の方にそれっぽいのが。

ユーザーアカウントを追加して、「読み/書き」ってのに変更してみました。 それもファイルひとつずつ、フォルダも含めて手当たり次第に。

だめでしたね。

結局何も変わらず、です。。。 パーミッションて、ここで変更できるものを言うわけではないようです。

BatChmod

ついに探し当てたのが、 BatChmod というドネーションウェア。

160117-0005BatChmod_logo.png

BatChmodファイルやフォルダのパーミッションを変更する ことができるアプリケーションです。

サイトによるとアプリケーションの開発自体は、もう終わってしまっているようで、macOSXだと10.5以上に対応していて10.9Marvericksまで大丈夫だよと書かれていました。

最近、かつてのmacbook white core2duoにel capitanを無理やりいれてみたところなので、ソフトが起動するかいささか心配なところ、 ロゴマークもバットマン風でちょっと怪しい感じが不安でしたが、 それでもとりあえずダウンロード。

立ち上げてみたところ、一応問題なく立ち上がりました。

パーミッション変更が、できたっ

160117-0002BatChmod01.png

アプリの操作自体は日本語対応もされていて、一目瞭然。

ですが問題は、どれをOKにすればいいの ってところでした。

160117-0003BatChmod02.png

結論から言うと、テーマフォルダの中にある変更を加えたいstyle.cssやfunction.phpなどのファイルのパーミッションを「 すべてのユーザーの『読み/書き』をOKにする 必要がありました。

なんか「すべてのユーザー」ってなると、セキュリティ的に不安あところがあります。 ローカル環境だから問題ないことを願うのみですが、他の方法がもうわからないので、背に腹は変えられないってことで。

ふたたびローカル環境のWordPressへ

ローカル環境のWordPressにログインして、テーマの編集を試してみると、 ついに出ました「ファイルを更新」するボタン。

ターミナルを使えれば、もっと楽にできたのかもしれませんが、 なんとかかんとか、ターミナルなしでもできるようになったということで、 今回はOKです。

あとはメインのWordPressのカスタマイズができれば、、、

そこが一番大変なところかもしれませんが。 きょうはそんなところで試合終了。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タグキーワード
2016-01-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: